中古の一戸建て物件を探すには

  1. HOME
  2.  > 
  3. 資産価値の高い不動産のあれこれ
  4.  > 
  5. 中古の一戸建て物件を探すには

一戸建ての優良中古物件は不動産会社に相談

中古の戸建て不動産物件を探すときは、まずは不動産会社に相談してみましょう。
野菜を買うなら八百屋、肉を買うなら肉屋といったように、「餅は餅屋」のたとえ通り、その業界に詳しいプロを訪ねるのは当然のことと言えるでしょう。
もちろん、物件探しの場合はどの不動産会社に相談してもまったく同じというわけではない点には注意が必要です。
会社によって、マンション物件や新築物件に強いなど、それぞれに得意とする不動産の種類が違うので、あくまで中古不動産の扱い実績がある会社を探し、そこで相談に乗ってもらう必要があります。
若干は運の要素もある不動産探しですが、良い担当者に巡り会えれば理想に近い中古物件が見つかる確立がぐんと高くなります。
良心的で親身になってくれる担当者なら、希望にかなう物件を一生懸命探してくれますし、短期間で理想的な戸建て住宅が見つかることも珍しくありません。
逆に、相性の良くない担当者や、能力の高くない担当者と巡り会ってしまったときは最悪です。
こちらから連絡しないといつまで経っても連絡してこなかったり、頼んだことを全くやっていない、調べてくれていないといったことになります。
良い担当者と出会うことが、そのまま良い物件探しに直結すると考えても良いほど、担当者の質は重要な部分なのです。

候補があれば自分の足で見に行く

理想に近い中古不動産物件の候補が見つかったら、まずは現地に出向いて見学することです。
中古とは言え、戸建て住宅は高い買い物になりますから、現物を見ずにいきなり契約してしまうのはリスクが高いのでおすすめできません。
物件の内覧には必ず足を運び、自分の目で確かめましょう。
中古の戸建て住宅は、購入前に内覧できるというのが大きなメリットです。
新築の場合は、建物が建ってみないと外観も内装も、間取りの使い勝手もまったく分かりませんし、モデルハウスといっても現物とは若干の違いがあるケースが多いものです。
その点、すでに物件が存在している中古不動産は、見込み違いのリスクが低減できるので失敗のない買い物がしやすく、安心できると言えるでしょう。