中古住宅の資産価値を刷新するリノベーション物件の魅力

  1. HOME
  2.  > 
  3. 資産価値の高い不動産のあれこれ
  4.  > 
  5. 中古住宅の資産価値を刷新するリノベーション物件の魅力

中古住宅を購入するという選択

自分で住まうことを目的に不動産を購入する場合、多くの人はマンションか一戸建てか、一戸建ての場合は建売か注文住宅か、という選択肢を思い浮かべるものです。
しかし最近のトレンドとしては、これらにさらに新築物件か、あるいはリノベーションを行った中古物件かという選択肢も加わってきています。
不動産を購入する場合、一見新築で購入する方が新しくきれいな物件を購入できます。
さらに注文住宅であれば、自分のライフスタイルに合わせた居住空間を手に入れられるように見えます。
しかし、中古住宅を購入して適切にリノベーションすることで、新築住宅にも劣らない物件を手に入れることができるのです。
リノベーションはリフォームとは少し異なり、古くなった箇所を修理するだけでなく、大規模な工事で住宅の機能そのものを向上させるということなのです。

費用効果と資産価値

中古の不動産を購入し、リノベーションすることのメリットとしてまず挙げられるのは、全体的な費用が抑えられるということです。
近年では新築マンションの価格が高騰しており、また土地も条件の良い場所は価格が高いだけでなく、そもそも物件を建てるだけの十分なスペースがなくなってきています。
そのような状態で無理をして新築の物件を購入するより、中古の不動産を購入する方が現実的な場合があるのです。
立地や設計などによって一概には言えませんが、新築物件を購入するより中古の物件を購入した方が、平均的に2割~3割程度は費用を抑えられるといわれています。
また、資産価値の高い地域の物件は新築で購入することは難しいですが、中古物件まで視野を広げることで選択できるエリアが広がるでしょう。
物件を手放す際も、そのような地域であれば資産価値を落とさず売却できる可能性もあります。
さらに内装に関しても、普通マンションであればパターンがある程度決まった間取りであるのに対し、リノベーションする場合はより自由度の高いプランニングができるのがメリットです。