中古住宅の優良物件を好条件で購入するポイント

  1. HOME
  2.  > 
  3. 資産価値の高い不動産のあれこれ
  4.  > 
  5. 中古住宅の優良物件を好条件で購入するポイント

戸建てでは検査済証と劣化具合に注目

中古の戸建て住宅やマンション物件は、質を見極めれば十分な資産価値を保ちながら長く住み続けることが可能です。
但し、中古物件を安心して購入するには、必ずおさえておくべきいくつかのポイントがあります。
戸建て住宅の場合、まずは大前提として「違法建築ではないこと」を確認しましょう。
仲介業者に対しては、物件の詳しい図面が揃っているかどうか尋ね、できる限り全て入手することが肝心です。
場合によっては、土地建物が建築基準関連規定に適合していることを証明する検査済証が交付されていない物件もあります。
そうしたケースでは、建築確認申請時の通りに施工していない可能性があり、耐震基準に満たない建築であるなどの問題に発展する危険があるので、仲介業者に細部を確認する必要があるので注意しましょう。
さらに、実際の物件の劣化状況についても、現地で必ず確認することが重要です。
屋内ではプロの検査士と同様に、スリッパを履かずに靴下で歩いてみることをおすすめします。
床の傾きや凹み、床材の劣化などは、身体で感じる方が正確であることが多いのです。
ドアや窓など動くものを全て動かしてみたときに、建てつけが悪いと感じられる部分は、建物全体の傾きやゆがみが原因かも知れません。
屋根や外壁、小屋裏、基礎部分、点検口については、専門家に診断を依頼することも大切な投資と考えてください。

マンションの資産価値は共有部分にあり

マンション物件は、住戸内の専有部分と、通路や階段等の共用部分も併せてチェックすることが必要です。
マンションを購入した場合、所有権には共用部分も含まれるので、不具合発生時には補修費などの負担義務が生じます。
共用部分である壁や階段、床などのコンクリート部分、屋上の防水シート等の劣化は避けられないため、大規模修繕の計画書や修繕積立金についても管理組合にしっかり確認しておきましょう。
専有部分についてのチェックポイントは、基本的には戸建て物件と同じです。
しかし、マンションであってもまれに違法な増改築が行われているケースもあるので、図面を取り寄せ、実際の施工と相違ないかを確認するプロセスを省いてはいけません。
実はマンションの資産価値は、専有部分よりむしろ共用部分で決まると言われています。
適切な時期に適切なメンテナンスが実施されているマンションは、安心して長く住み続けることだけでなく、物件の資産価値を高めることにつながるのです。